筋短縮症 大腿四頭筋  拘縮

大腿四頭筋、三角筋などの筋拘縮症の方へ

syoujyou

筋短縮症の症状について

  • 大腿四頭筋短縮症の症状
  • 歩容の異常 外ふり歩行
  • 膝関節の屈曲傷害 直筋型 広筋型 混合型
  • 尻上がり現象 直筋型
  • 正座異常 正座が全くできないもの、できても左右の膝がしらが揃わない、尻が浮いてしまう等
  • 腰部前彎の増強 いわゆる出っ尻の状態
  • 大腿部の索状物 短縮した部分が硬い筋状となったものが触れたり見たりできる
  • 大腿部の瘢痕、陥凹、癒着、硬結 注射の場所に起こる皮膚の変化
  • 下肢の委縮 患側の大腿部が細く萎縮していたり、下肢の短縮が起こる
  • 下肢の痛み、易疲労性、易転倒性 幼児期には転びやすいという訴えがあるが、年長になると歩行に際して疲れやすいとか痛みが出るものが多い
  • 膝蓋骨の高位、亜脱臼 短縮が強くなると膝の骨にも影響が出る

powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

筋短縮症 大腿四頭筋  拘縮